アート・ビジョンvol.9

田中偉一郎の『芸術はノー・ビジョン』

2015年10月3日(土)~12月25日(金)


    入館料:一般600円/高校・大学生・65歳以上500円/小・中学生300円/20名以上の団体は2割引

    休館日:月曜日(ただし10月12日、11月23日は開館)・10月13日・11月24日

    開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

  • 主催/高梁市成羽美術館
  • 後援/岡山県、高梁市教育委員会、公益社団法人岡山県文化連盟、公益財団法人 岡山県郷土文化財団、山陽新聞社、(株)吉備ケーブルテレビ、RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち、KSB瀬戸内海放送、RNC西日本 放送、FM岡山、レディオモモ、FMくらしき、エフエムふくやま

    高梁市成羽美術館では、同時代のアートの動向を探る試み、シリーズ「アート・ビジョン」第9弾 に、
    技法や場所、作家性にとらわれず、時代をウィットに富んだ視点で映し出す美術作家・田中偉一郎(たなかいいちろう)を迎えます。

    田中偉一郎(1974- 愛知県生まれ、東京都在住)は、1997年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科を卒業後、
    2001年東京藝術大学大学院デザイン専攻修士課程を修了。
    在学中からジャンルや社会性を問わず、ノーメッセージ、ノーミーンを旗印に、動画・写真・オブジェなどを発表してきました。
    素材は、私たちが日ごろ目にするごくごくあたりまえの事物。
    それが田中の手にかかると、観る者の脳とハートを強く揺さぶり刺激する可笑し味をもった作品と化すのです。

    2007年「六本木クロッシング:未来への脈動」展(森美術館)にて来場者が選ぶオーディエンス賞を受賞。2013年岡本太郎現代芸術賞入選。
    著書『スーパーふろくブック』(コクヨ)、美術手帖での連載をまとめた『やっつけメーキング』(美術出版社)も好評発売中。
    その他音楽活動、広告のアートディレクターなど、八面六臂の活動を展開しています。
    本展会場には、代表作《ハト命名》や《ストリート・デストロイヤー》シリーズ、
    加えて《クラシック・カラオケ》を存分に体感できるブースもご用意します。
    また今回のアート・ビジョン「芸術はノー・ビジョン」のための新作も展観いたします。
    田中偉一郎の美術館初個展をどうぞお見逃しなく。

    オープニングや下記日程で、作家によるパフォーマンスも開催します。

    10月3日(土) 午前11時~ 『田中偉一郎のノー・ビジョン・トー ク』
    ※本展作家が目隠しで作品解説します。


    11月22日(日) 午前11時~・午後2時~ 『田中偉一郎のノー・ビ ジョン・ライブ』
    ※本展作家が歌えない状態で弾き語りします。


※本展会期中も児島虎次郎作品、化石展示室、オリエント展示室は、ご覧いただけます。