About

-高梁市成羽美術館-

高梁市成羽町は、岡山県の西部にある緑豊かな町です。
高梁市成羽美術館は、郷土の洋画家、児島虎次郎の遺徳を顕彰するため、岡山県初の町立美術館として昭和28年に開館して、平成6年に3回目のリニューアルとなり現在に至っています。
建物は建築家 安藤忠雄氏の設計によるもので、コンクリートの壁と周囲の緑が調和した、美しい景観を楽しんでいただけます。



《ご利用案内》

  • 成羽町美術館は平成21年4月1日より名称が「高梁市成羽美術館」に変わりました。
  • 開館時間  9:30~17:00(入館は16:30まで)

    休館日    月曜日(祝日または振替休日の場合は開館し、翌日休館とします)
            年末年始(12月28日~1月4日 ※変更する場合があります)
            その他展示替え作業のための特別休館日は、随時設定しますので事前にご確認ください。

    入館料
    企画展・特別展により異なります。
    常設展の場合
    一 般  500円(400円)
    高大生 300円(240円)
    小中生 200円(160円)
    ※( )内は20名以上の団体料金

    常設展の入館料免除

  • 高梁市在住の65歳以上の方(証明できる物をご提示下さい)
    ※平成28年4月1日より常設展入館料免除の対象が「65歳以上の方」から「高梁市在住の65歳以上の方」に変更となりました。ご了承ください。
  • 身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添の方お1人まで(証明をご提示下さい)
  • 高梁市在住の小中学生(学校休業日)


  • 「年間観覧券」発売中

    1年間の観覧が自由にできる「年間観覧券」を発売しています。
    料  金 :大人のみ 3000円
    有効期限:発行の日から1年間
    特  典 :成羽美術館が開催する全ての展覧会でお使いいただけます。
           本人と同伴者1名まで入館できます。美術館だよりをお送りします。
           展覧会や催し物の情報を提供します。
    購入場所:高梁市成羽美術館2階受付




    -沿革-

    昭和26年10月 町政施行50周年を記念し、児島虎次郎作品を購入。
    昭和28年 8月 成羽町美術館開館
    昭和42年 8月 児島家より児島虎次郎遺作絵画及び収集品の寄託を受け、美術館を移設する。
    平成 5年 1月 児島家より寄託品702点の寄贈を受ける。
    平成 6年11月 新・成羽町美術館開館
    平成21年 4月 名称を「成羽町美術館」から「高梁市成羽美術館」へ変更。