平成29年度春の特別展

こころに響く ことばと書
にんげんだもの 相田みつを展

2017年4月15日(土)-6月25日(日)


    開館時間>午前9時30分-午後5時(入館は午後4時30分まで)

    休館日>毎週月曜日(ただし5月1日は開館)

    観覧料>一般1,000円/高大生・65歳以上700円/小・中学生400円(20名以上の団体は2割引)

  • 主催/高梁市成羽美術館、山陽新聞社、RSK山陽放送
  • 後援/岡山県、高梁市教育委員会、公益社団法人岡山県文化連盟、公益財団法人岡山県郷土文化財団、レディオモモ、
          ㈱吉備ケーブルテレビ、FM岡山、FMくらしき、エフエムふくやま
  • 特別協力/相田みつを美術館
  • 協賛/西本工業株式会社、専門学校 岡山ビジネスカレッジ

    高梁市成羽美術館では、こころに響くことばで多くの人に感動を与え続けている、書家であり詩人であった相田みつをの展覧会を開催します。
    相田みつを(1924-1991)は、戦中戦後の動乱期に青春時代を過ごし、さらに短歌と禅に出会うことで「いのち」の尊さをテーマとした独自の
    世界観を「自分のことば・自分の書」として表現しました。
    本展では、相田みつを美術館が所蔵する代表作《にんげんだもの》をはじめとする各時代の秀作や愛用品・資料など130点を展観し、書家・詩人
    としてだけでなく、人間 相田みつををご紹介します。




    相田 みつを  詩人・書家

    1924(大正13)年  栃木県足利市生まれ。旧制栃木県足利中学校卒業。旧制中学の頃から、短歌、禅に出会い、独自の世界観を
                 書として表現する。
    1984(昭和59)年  『にんげんだもの』(文化出版局)が出版され、作品が広く知られるようになる。
    1991(平成3)年   67歳で永眠。

    関連イベント 【要観覧券】

    ■開会式 4月15日(土) 午前10時30分~11時
    場所:多目的展示室


    ■相田一人館長によるギャラリートーク並びにサイン会
    4月15日(土) ①午前11時~   ②午後2時~  

    場所:展示会場
    ※サイン会のご参加はショップで書籍ご購入の方に限ります。


    ■記念講演会 

    5月14日(日) 午後2時~3時30分
    講師:相田みつを美術館 館長 相田 一人氏
    演題:夢はでっかく 根はふかく
         ~父 相田みつをの夢と人生~
    場所:成羽総合福祉センター(美術館隣)
    ※入場無料  ※先着200名


    6月4日(日) 午後2時~3時30分
    講師:九州国立博物館 館長 島谷 弘幸氏
    演題:練達した線と余白の美
        ~相田みつを 書の魅力
    場所:美術館一階 レクチャールーム
    ※先着50名