高梁市発足10周年・高梁市成羽美術館新築開館20周年記念

児島虎次郎と呉昌碩(ごしょうせき)展
―文化交流のあと―


2014年10月11日(土)~12月14日(日)



    開館時間=午前9時30分~ 午後5時(入館は午後4時30分まで)

    休館日=毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌日休館)

    入館料=一般800円/高校・大学生・65歳以上600円/小・中学生300円 (20名以上の団体は2割引)


  • 主催=高梁市成羽美術館/山陽新聞社
  • 協力=東京国立博物館/台東区立書道博物館/ふくやま書道美術館/ワコーミュージアム
  • 後援=岡山県/高梁市/高梁市教育委員会/公益社団法人岡山県文化連盟/岡山県書道連盟/岡山県煎茶道連盟/公益財団法人 岡山県郷土文化財団/RSK山陽放送/TSCテレビせとうち/OHK岡山放送/KSB瀬戸内海放送/RNC西日本放送/ KIBIケーブルテレビ/FM岡山/FMくらしき/エフエムふくやま/レディオモモ


    児島虎次郎(1881~1929 高梁市成羽町出身)はヨーロッパで印象派絵画を学び、黎明期の 我国洋画界に多大な影響を残したことで知られていますが、その活動は幅広く、東洋文化の源流ともいえる中国を度々訪ねています。 虎次郎は中国の風景・人物を油彩画で制作するのみならず、顔彩を使用した日本画も数多く制作しています。当時の中国には、清末から民国の時代に活躍し、 詩・書・篆刻・絵画で中国を代表する文人として我国でも高く評価されていた呉昌碩(1844~1927)がいました。 虎次郎は呉昌碩に深く傾倒し、その作品を熱心に求めるとともに自らの印の篆刻を依頼するなど交流しています。
    この度の展覧会では虎次郎の日本画並びに中国に取材した油彩画と呉昌碩の画賛、書作品などを一堂に展示し虎次郎の中国での人的交流のあとをたどりながら二 人の高雅な薫り高い作品をご高覧いただきたいと思います。

    [ 関連イベント ]

    ※イベント参加には観覧券が必要です。


    開会式&オープニング・ギャラ リートーク

    2014年10月11日(土)
    開会式:午前10時30分~
    オープニング・ギャラリートーク:午前11時~ 呉越(ごえつ)氏(呉昌碩記念館 館長、呉昌碩の曾孫)


    記念講演会

    10月25日(土)午後2時~3時30分
    高梁市成羽美術館内カフェ ※10月25日(土)はカフェの営業をお休みいたします。
    島谷弘幸氏(東京国立博物館 副館長)
    演題「中国書法の受容と呉昌碩」


    ギャラリートーク

    11月16日(日)午後2時~3時
    児島塊太郎氏(倉敷芸術科学大学 副学長)
    テーマ「児島虎次郎と呉昌碩の交流」

    会 期中一部展示替えを行います

    前期:10月11日(土)~11月9日(日)のみ展示する作品
    呉昌碩《桂花図》《牡丹図》《墨葡萄図》(東京国立博物館所蔵)
    呉昌碩《瓢箪大吉図》《葡萄図》《牡丹図》《枇杷図》《墨竹図》《墨梅図》《菊花図》《蔬香図》《蘆華深浅図》《蘭石図》《藤図》
    王一亭《蟠桃獻寿図》(ふくやま書道美術館所蔵)

    後期:11月11日(火)~12月14日(日)のみ展示する作品
    呉昌碩《籠菊図》《桃実図》《荷花図》(東京国立博物館所蔵)
    呉昌碩《仙桃図》《鐘鼎插花図》《藤図》《桃図》《木蓮図》《梅花図》《三千年結實之桃図》《牡丹図》《柏葉樹図》《古梅図》《菊香図》
    王一亭《面壁達磨図》(ふくやま書道美術館所蔵)

    11月8日(土)は新築開 館20周年を記念する「美術館の日」 入館無料です。

    ※本展会期中、エジプトコレクションはご覧いただけません。
    ※会期中、美術館外壁工事を行っております。(11月初旬まで)
    ご来館の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。