平成28年度秋の特別展

無限の網 草間彌生の世界

2016年9月10日(土)-11月27日(日)


 

    入場者一万人達成しました!(11月3日)


    草間彌生さん文化勲章受章!   
    詳しくはこちら (別サイトにジャンプします)



    美術館 開館時間>午前9時30分-午後5時(入館は午後4時30分まで)

    休館日>毎週月曜日
    ※ただし9月19日(月・敬老の日)と10月10日(月・体育の日)は開館
    翌日9月20日(火)・10月11日(火)は休館


    観覧料>一般1,000円/高大学生・65歳以上700円/小中学生400円(20名以上の団体は2割引)
        ※高梁市内在住の小中学生は入館無料

  • 主催/高梁市成羽美術館
  • 協賛/専門学校岡山ビジネスカレッジ
  • 後援/岡山県、公益社団法人 岡山県文化連盟、岡山県郷土文化財団、山陽新聞社、
          読売新聞岡山支局、毎日新聞岡山支局、朝日新聞岡山総局、日本経済新聞社岡山支局、RSK山陽放送、
          TSCテレビせとうち、OHK岡山放送、KSB瀬戸内海放送、RNC西日本放送、(株)吉備ケーブルテレビ、
          FM岡山、FMくらしき、エフエムふくやま
  • 特別協力/フォーエバー現代美術館
  • 協力/(株)アート・コンサルティング・ファーム


  • 前衛芸術家として世界の美術界の頂点に君臨する草間彌生。
    1957年に単身渡米し、73年に帰国してから現在に至るまで国内はもちろん世界各国の美術館で大規模な個展を開催、画面全体に網目を描いたモノクローム絵画やソフト・スカルプチャーで高い評価を得てきました。
     今展ではフォーエバー現代美術館が所蔵するコレクションからオリジナル作品に版画を加え、約140点の作品をご覧いただき草間彌生の世界をご紹介します。

    ・草間彌生
     1929年、長野県松本市生まれ。10歳の頃より水玉と網目模様をモチーフに幻想的な絵画を制作。
     57年渡米、巨大な平面作品、ソフト・スカルプチャー、鏡や電飾を使った環境彫刻を発表する。60年代後半からはボディー・ペインティングなど多数のハプニングを行う。73年帰国、美術作品の制作発表を続けながら、小説、詩集も多数発表。09年文化功労者に選定される。
     11年から12年にかけて、マドリードやパリなどを巡回する大規模な回顧展を開催。




    ≪関連イベント≫
     
    ●記念講演会「草間彌生の芸術」
     9月24日(土) 午後1時~午後2時30分 多目的展示室
      講師/秋元雄史氏(東京藝術大学大学美術館館長・金沢21世紀美術館館長) 
    定員180名
    ※聴講は無料ですが、入館料が必要です。

    当日午前11時より多目的展示室にて整理券を配布します。
    観覧席は午後12時30分より開場します。


     
    ■秋元雄史氏 プロフィール
     1955年東京生まれ。東京藝術大学美術学部絵画科卒業後、1991年よりベネッセアートサイト直島の  
     アートプロジェクトに関わる。2004年より地中美術館館長、ベネッセアートサイト直島・アーティスティックディレクターを 兼務。
     2007年より金沢21世紀美術館館長。  
     「金沢アートプラットホーム2008」、「金沢・世界工芸トリエンナーレ」、「工芸未来派」等を開催。  
     2013年4月~2015年3月東京藝術大学客員教授、2013年4月~秋田公立美術大学客員教授も務める。2015年より  
     東京藝術大学大学美術館館長・教授を兼務。2016年9月から女子美術大学芸術学部特別招聘教員。



    ●ワークショップ「水玉サンデー」
     
     草間作品のアイコンともなっている水玉模様が安藤忠雄建築の成羽美術館の一角に出現。
     美術館テラスの窓を水玉で埋め尽くそう!!


     10月30日(日) 午前9時30分~午後5時
     ☆当日ご来館の方どなたでもご参加いただけます。
     

    ○水玉サンデースペシャル特典○

    10月30日(日)は、水玉模様のアイテム
    (服・ハンカチ・スカーフなど、雑貨小物なんでもOK)
    をお持ちの方は入館料半額になります!

    ※チラシ掲載の内容より一部変更しております。
    ※各イベントの参加費は無料ですが、入館料が必要です。