夢ネット通信

  第103号
2020,(R2)5月発行

103号5月発行

「平川夢づくりネットワーク」通称「平川夢ネットでは、地域の話題や
課題を取り上げ皆さんで考え、平川のさらなる発展を目がします。

  なんやかんや
 今年のゴールデンウイークは、新型コロナウイルスの感染が拡大し、全国に非常事態宣言が出されたこともあって、観光はもちろんの事帰省もせず、外出も極力控えるなど多くの
人が自宅で過ごしたようだ。平川でも例外ではなくお互い気遣いながら、いわゆるコロナ疎開もあまりなかっのではかと思う。それにしても長期休暇中。家にじっと籠もっているのはさ
ぞ窮屈であろう。その点平川はこの時期田植え作業で大忙し。太陽の光を体中に受けながら薫風の中、泥と戯れた方も多かったろう。当たり前のことがこれほど幸せな事でもあると
感じた一人でもある。
 それにしても北都営農組合が県普及センター事業として実施された最新田植え機のデモンストレーションには驚かされた。 土の深さ、肥沃度を機械が瞬時に判断し施肥する
しかも8条植えだから15アールのほ場があっという間に早苗で埋まった。運転などの機械操作よりタブレット (パソコンの携帯用みたいなもの)で設定しないと機能しない。
まさにスマート農業の一端を見せてもらった。ただ、これからはこうした農業スタイルが普及するものと思われるが、平川のような中山間地でも活かされるものとなって欲しい。
 最近黒い飛行物体がやたら気になる。それはカラス。小生も今冬から猟友会員として有害鳥獣駆除のお手伝いを(勝手に)させてもらっている。牛の飼料が食べられるだけ
でなく病気を持ち込まれる事の方が怖いという。そうはいっても敵は賢い。�顔も車も覚えられ、現場に到着tするや否や逃げられてしまう。ウイルス同様
、撲滅ではなく共生を模索すべきでしょうかね?。
  

         繰越金は16万円と厳しい会計

 昨年度は台風や大雨のため土曜夜市や、盆踊りが中止、また、、新型ウイルスの影響
で文化際も規模を縮小して開催した事もあり事業費は前年度135万円の約半分の75万円。
歳出合計も、昨年度の290万円より60万円以上減額となっています
しかし、寄付金、いこいの家利用料など収入も減少したことにより、翌年度への繰越金は
16万円と厳しい財政状況となっています。
 
昨年度行った主な事業
 8月、旭川学園夏の家家庭学校 9月、第12回案山子祭り (37作品) ど拍子運動会・
10月 第39回備中町ふるさと祭りへ参加、 11月 宵神楽、歩け歩け大会(しまなみ街道)
令和2年1月、とんど祭り、3月、ふれあい文化際 (作品展示のみ) 
 
コロナの影響で事業中止も
 
令和2年度事業は夜市、盆踊り、運動会などこれまでとはほぼ同様の計画となっていま
すが、市は10月末まで、市主催のイベントを中止するとともに各種団体や実行委員会などで
行われるイベントについても支援等は行わないことしているため、秋までのイベントは自粛
せざるを得ない状況になっています。すで成羽花火、松山踊り、川上絵ぶた祭り、有漢納涼
祭りなども中止が決定しているようです。









       コミ協総会初の中止
                  資料送付で了承を求める


 新型コロナウイルスの感染が全国的に広がり、緊急事態宣言も出されていることもあり、令和2年度平川地区
コミニュテイ協議会総会は中止され、総会資料を町内会長をはじめ各種団体代表者などに送付することで総会
に変えるという異例の事態となりました。
 今号では、昨年度の決算を中心に概算をお知らせします。

        肥料、労力等の低減を図る
 平川北部地区を中心に多くの水田の管理を行う北都営農組合
では、受託するほ場によって地力や土質のムラがあり、生育不足
や肥料多過による倒伏により,収量・品質が不安定となることがひ
とつの課題でした。そこで、今回ほ場の深さや肥沃度に応じて施
肥量を減量する 「可変施肥田植機(かへんせひたうえき)」 を使
用して、肥料の低減効果や米の収量・品質を検証する実験が行わ
れました。また、育苗箱の箱当たりの播種量を増やし、田植機のか
き取り調整で使用箱数を減らす実証も併せて行われました。
具体的には、通常10アールあたり15箱を使用しますが、10箱にす
ることで育苗の管理労力などの低減を図るものです。実証は下郷
地内の15アールの水田で行われ、今後生育状況や収量・品質、
肥料の低減の程度、経費など調査していく事となります。

  土壌に応じて施肥が可能な田植え機で実証
 5月8日、下郷地内の水田で備北広域農業普及指導センターによる可変施肥田植機(かへんせひたうえき)
による稲の植え付けが行われ、この実況実験に協力する農事組合法人・北都営農組合
関係者など25人が見学しました。

発行 平川夢づくりネットワク ご意見は、〒716-0311 高梁市備中町平川6385-17 TEL 0866-45-9180 E=mail

ohue6385@kibi.ne.jp

    夢ネット通信保存版 (61号~100号)

 編集局では、今年1月に100号を突破したことから、前回(1号~60号)
に引き続き100号までの保存版を現在印刷会社に発注しています。(6月
中旬納品予定) 
 今回印刷している保存版は前回と同じ紙など使っています。60号まで
お持ちの方は61号からお求めいただけます。また、1号から100号まで
も用意できますので、購入を希望される方は編集局または丹正燃料さん
へお申し込み下さい。
  価格は、1号あたり60円です。