ちょっと見て
89 バターナッツ 
 

やっと一般の人にも知られるようになってき、時にスーパーにも並んでいます。新しい洋野菜を導入すると一般で知られるようになるには20年かかる、例外的に早かったのがズッキーニで10年だった、と洋野菜導入の専門家の話を読んだことがあります。私は常に新しいものを追い続けているので私の中ではどれも珍しい野菜と言われてもピンときません。これもうちの畑では20年選手です。オレンジ色の果肉、焼くだけ、茹でるだけでも美味しいのですがカボチャなのでパンプキンスープにすると色も良く美味しいものです。保存性が良く、形もピーナツ型なので台所のオブジェを兼ねて1コ置いておくと何か足りないという時に重宝します。


 
   
   山の畑通信
 

 こんにちは。言いたくはありませんがよく降りますね。この時期の豪雨は年とともにきつくなってくるようで、これも温暖化しているせいなのかと思えます。住んでいるこの地区を見回してもソーラーパネルが立ち並び、自然破壊が進んでいるので災害リスクは高まる一方だと思います。耕作放棄され、原野に戻っている方がもしかしたら災害に強いのではという気がします。もう一つの自然エネルギーである風力発電も色々問題があります。飛んでいる野鳥がぶつかり命を落とすバードストライクも起きています。事前に渡り鳥などのコースになっていない所なのか、調査がされているのか疑問です。一番安全なのは地熱発電だそうですが設備のコストがかかるそうですね。自然との共生というのは簡単ですが難しい問題です。

畑は外作業が出来ず、毎日今日できることはと考える日々です。水浸しの野菜たちの中には根腐れを起こして弱ってきているものも出ていますが、打つ手はないといった感じです。野生の生き物たちも餌が十分に取れないのだろうと思われ、まだ熟していないブルーベリーの木にヒヨドリが襲い掛かってきます。あちらにもネット、こちらもネットと、入り口をネットでふさいで人間の方が不便で息苦しさを感じながら耐えなければなりません。例年なら8月以降になるスズメバチの巣退治もしました。うちで巣を作るのは黄色スズメバチが多いのですが、小さいうちに早く見つけて退治すれば簡単です。今回のはソフトボールくらいで、巣の中も2段目を作りかけたところで、蜂の数も少なかったので退治しやすかったですが、これから次々と出来るかもしれないので油断できません。敷地の中には野鳥の為に巣箱をかけているのですが、その中に黄色スズメバチは巣を作ることが度々あります。空の巣箱が狙われるのです。ぶっちゃん夫婦はどうやら雛が孵り、給餌始めたようです。

 

 No1089 2020715

 
 トップページに戻る