ちょっと見て
 90 プチトマト類 
 

今年も例年通り4色のプチトマトを作っています。今収穫最盛期です。赤はプチトマトの最高級品種シシリアンルージュ、黄は一番甘いオレンジチャーム、リコピンが多量に含まれるというブラウンはブラウンチェリー、さわやかな味わいのグリーンはマーベラスグリーンという品種です。それぞれの持ち味があり、毎日比べながら食べるのは楽しいです。作る方もそれぞれに個性があり、すぐ下葉が枯れあがってくるブラウンや木自体小ぶりで大きくなりにくいグリーン、逆に油断すると不要な枝葉をすぐに伸ばしてしまう黄、毎年変わらずマイペース型の赤といった具合です。赤のシシリアンルージュでは1年分の我が家のジュースを作り、冷凍保存します。


 
   
   山の畑通信
 

 こんにちは。今年は全国的にジャガイモが不作で高値になっているというニュースが先日流れていましたが、

うちの畑でもやはり不作でした。このエリアで同じように作っている人も同じ不作を嘆いていました。この長雨は日照不足もおこしていて、この時期花を付けるウリ科の野菜たちも花数を減らして、受粉不良が起きています。キュウリ類は早々と蔓が上っている状況です。ニンジンの収穫の最中でしたが雨の後の畑は根腐れしたものが大半でほとんどまともな収穫は得られませんでした。茄子科の野菜も白茄子の収穫が遅れていますし、食用ほおずきもうまく受粉が出来ず良品が出来ていません。バターナッツやカボチャ類も例年より少し小さめで、梅雨が明けて照りだすと日焼けを起こすカボチャの実には日よけをしてやるのですがその数もかなり少なくなっています。今、秋にかけて植え付けるカリフラワーやスポルツ、キャベツ類の苗を作っていますが、この中にも過湿の害を受けているものが出ています。こんな雨に時はやはりハウスはありがたいなと思うのですが、ハウスの中にも雨水が浸みて入り、通路に水が溜まっているので長靴を履いてハウスに入らなければならない日が続きました。こんなにハウスに水が溜まるのは今迄にあったかなと考えさせられるほどです。色々問題はありますが、例年の通りこの夏も作業を進めておかねばと天気予報を見ながら進めています。

ブッポウソウのぶっちゃん夫婦は巣箱の出入りの回数が増えてきました。きっと中で雛たちが成長しているのでしょう。特に夕方虫が飛び交う時間帯になると頻繫に出入りしています。夫婦で交互に運んでいるようです。

軒下のツバメも餌運びの回数が増え、時に小さなくちばしが見えるくらいになって来ました。どちらの鳥たちにも蛇が天敵です。雛が無事に巣立つまで蛇に飲み込まれないよう注意が怠れなくなりました。

 

 No1090 2020722

 
 トップページに戻る