うちの野菜
496 コゴミ
 

余り自然に触れていない人の中にはゼンマイ、コゴミ、わらびなど山菜の区別がつかない人が案外多いのだと思うことがあります。山菜にはわらびやゼンマイのようにあくが強くひと手間かかるものとコゴミやウルイのようにあくが無くすぐに調理できるものがあります。コゴミは和洋中とどんなジャンルの料理にでも合わせやすくて旬の野菜としてもっと活用できればと思う一つです。コゴミは自然に生えているものを山歩きをして採集されますがうちの畑では植えています。山歩きの手間を省きすぐに取れるようにです。うちの畑も細長く段差があるので暖かい場所と涼しい場所の2か所に植えています。そうすることで収穫期がずれて長く取れるのです。


 
   
   山の畑通信
 

こんにちは。気温の差が大きくなってきました。日にちごと、1日のうちでも温度差が大きく朝は寒いくらいでも日中は暑いと脱ぎっぱなしに置いた上着を夕方回収するといった具合です。野菜たちの大きくなる速度も速くなりますます作業に追われています。それと同時に草も同じように、いやもっと早く大きくなり日々草取りにも追われています。モンシロチョウが飛び始めまた網を持って追いかける日々が始まりました。カエルや蛇も出ています。何もかもが一斉にという具合です。この時期野菜を積んで町への道中は通るたびに花が咲き、木々が芽吹き、遠くの山々が黄緑の若葉で盛り上がって膨らんできます。山から下る道中はまだ芽吹いていない畑周辺から徐々に色づいていく移り変わりがよくわかります。ドライブにはとてもいい時候ですね。町内外を問わずまたイベントも多くて野菜やタルト、ハーブティーを積んで出かける出店はまさに行商、思わずフーテンの寅さんを思い出します。出かける先でもそれぞれの場所の雰囲気があります。賑やかに盛り上がる所もあればお客様と丁寧に会話しながら買ってくださる所、こちらが声をかけなければいけない所などいろいろです。野菜を売りながら話しているとお客様の野菜の知識や料理のレベルまでが解ってきます。でも一番よく売れるのは手間のかからないパッと食べれるそして目先の新しいものですね。珍しい野菜でも調理に手間のかかるものより生で食べれるサラダの方という具合です。世の中加工品や手間のかからない調味料などがどんどん出てくればくるほど家庭での調理は単純化し、一見整ったように見える食卓も実は主婦の料理の腕は何にも無かったという家庭が増えているのかな、ならばお父さん料理を趣味にしてよと言いたくなる気分です。畑の方は夏野菜の苗が早く植えて~と叫んでいるような大きさに育ち、植えるから順番にと言い聞かせています。




 

No922 2017419



 
 トップページに戻る