うちの一品
308 初夏のガスパチョ・山の畑 
 

真夏日の気温が出るようになりさっぱりしたものが欲しくなりました。畑から即席に集めた野菜でガスパチョ風の冷たいスープを作りました。新玉ねぎ60g、アイスプラント70g、メリッサ5g、エキストラバージンオイル大さじ1、白ワインビネガー大さじ1、カスピ海ヨーグルト50g、粉チーズ大さじ1、を全部ミキサーに入れなめらかになるまで回します。器に取り、冷蔵庫でしばらく冷やして冷たくしてからいただきます。とても簡単なのですが明るい緑の美しさと野菜のさわやかさで体の疲れが取れるような気持にしてくれるスープです。オーガニックの新玉葱は辛みが無いので優しい味わいです。メリッサのレモン風味もほんのりします。


 
   
   山の畑通信
 

こんにちは。草の伸びるのは早いですね。一晩寝て朝起きると大きくなっていると感じるほどです。ともかく草取り、それをやりながら何か、次はと考える次第です。植え付けの方は最後になる豆類やサツマイモ、オクラなどで今月中には終わります。6月になれば秋冬野菜の段取りや種まきが始まりますがともかく一区切りつけたい気分です。たくさん植えているジャガイモ畑は花がとてもきれいに咲いています。品種により濃い紫、ピンク、白と楽しい美しさです。コリンキーやカボチャも花が咲き出しましたので毎朝点検、受粉をしています。南側の畦に植えた黄ショウブも咲き出しました。咲き揃うと100m以上も黄ショウブの花が続くので楽しみです。

このところ雨が少ない状態が続いているので畑はからからに乾いてきました。一雨欲しいなと思いだしました。真夏と違い植えて間が無い苗はまだ十分に根を張れていません。こんな時に30℃を超える気温になるとしおれてしまうので注意して観察し、しおれてくるようなら水やりをします。真夏なら十分根を張った大きなものばかりになるので昼間少しくらいしおれていても夜の間に立ち直るのですが、この時期の小さいものはやはり保護が必要なのです。胡瓜などネットに絡みつくものも初期には剪定や誘引など手を貸してやらねばなりません。この時期はまた野鳥の鳴き声が良く聞こえます。特に朝は美しい澄んだ鳴き声が聞かれ気持ちのいいものです。以前は聞かれなかったのですが2年位前からツツドリの鳴き声が聞かれるようになりました。ホトトギスなど夏の渡り鳥の仲間ですが、朝小気味のいいポンポンポンと独特のリズムの優しい声が聞かれるようになりました。逆にホオジロのさえずりが少なくなり、ウグイスのさえずりはまさに縄張りを主張するかのように聞こえる方向により全く違う声が聞かれ、あっ○○君の声、△△君だと作業をしながら楽しく聞いています。




 

No927 2017524



 
 トップページに戻る