うちの野菜
505 パプリカいろいろ
 

パプリカには色々な色があり何年も前ですが7色作ったことがあります。でも調理していく段階で加熱すると色が抜けてしまうものもあり、結局は色がはっきりしている赤、黄、白で作っていました。種の入手も毎年コンスタントにいろいろな色が買えるわけではなく、年によっては赤と黄だけの時もありました。今年は久々に黒が加わり、今年のパプリカは赤、黄、白、黒の4色です。赤、黄は緑のパプリカが完熟してそれぞれの色になるのでとても長期間を要します。それに対し、白、黒は初めから白い実、黒い実がなるので大きくなるのを待つだけですから早く出来ます。調理すると黒は緑になってしまいますので生で使う方がインパクトがあります。


 
   
   山の畑通信
 

こんにちは。世の中進んで便利になっているのか窮屈になっているのかわからないような1週間を過ごしました。車を買い替えて1か月近くなるのですが、以前の車は一番シンプルなものに自分の必要な機能だけをプラスしていく形で購入し使っていたのでとても分かりやすかったのですが、今度の車はフル装備で今その新しく増えた機能がどうなっているのか確かめながら乗っている状態です。フルオートになっていることがきちんとやってくれているのか不安になることもあり、知らないスイッチやボタンが何の機能をするものなのか、ささっと聞いた説明だけでは覚えきれませんから、何かにつけて説明書を取り出して確認しています。ところが近頃の説明書やたら丁寧に書かれているのは良いのですが、読んでいると余計に混乱してわからなくなってしまうのです。特にカーナビやオーデオ関係の分厚い説明書の類にこれはあまり真剣に読まない方が良いのではと結論付けた次第です。とにかく動かしていればそのうち何とかなるだろう・・・です。車の次はパソコンのメールソフトでも振り回されてしまいました。この暑い時期だってやらねばならない農作業はいくらでもあるのにとイライラしながらパソコンの前に座らねばならないのは苦痛でした。すべてマスター出来て使いこなせてこその便利で、いっその事何もないシンプルな昔の暮らしに戻せたらその方が精神的にはずっと健全に暮らせるのではと思ってしまうほど。

畑の周辺ではまだまだソーラー設置工事が続き、広がっています。こんなに環境が変わってくるとイノシシやヌートリアが減るのは良いが、この町の天然記念物になっているブッポウソウが来なくなるのではと心配になります。危険になっていた廃屋も取り壊されていき、それは良いのでしょうが県外ナンバーの車が来て工事しているのを見ると本当にこれで将来もいいのかな。他にもいろいろ、農作業の手につかない1週間でした。




 

No940 2017823



 
 トップページに戻る