うちの一品
323 ヤーコンのサラダ
 

12月は農作業は忙しくないのですがタルトの需要が多くなり、タルトを焼くのに追われています。わが家の料理は手抜き一方で今回も簡単な一品です。ヤーコンだけでは彩りが乏しいのでカラフルな大根も併せます。ヤーコンとサラダ大根紫は皮を剥き千切りにし、さっと熱湯を通して冷水に取り冷やしたらザルに上げ水けを切っておきます。レモンは果汁を絞り、皮の黄色の部分を少量薄くそぎ、細い千切りにしておきます。レモン汁とエキストラバージンオイル、塩少量でドレッシングを作り、ヤーコン、大根、レモン皮を和えます。皿にベローナをあしらい、盛り付け、セルフィーユを彩りにトッピングして出来上がりです。


 
   
   山の畑通信
 

こんにちは。果樹、花木類の剪定や枯れ木の切り倒しなどこの時期の農作業には色々な機械類を使います。チェンソー、エンジン草刈機、ヘッジトリマー、運搬車とノコギリやハサミ、脚立、鎌以外ににも機械道具をフルに活用しての農園の大掃除なのです。荒っぽい作業も多くなるので天気だけでなく服装なども一応点検してやっています。斜面で滑ったり、けつまずいてで転ぶこともあるのですが土の上で転ぶのは不思議に怪我しませんね。寒いので厚着しているせいだけではないのです。これがコンクリートの上だとかアスファルトの上だったらきっとあざが出来て痛かっただろうなと思う事もありますが、土の上では痛くもなんともないのです。この柔らかな土の感触は町の人にはきっとわからないだろうなと思うこともあります。機械や道具類を使って作業するときこれがスムーズに動かなかったらなんとイライラすることか、どれかの機械一つでも壊れてしまうと半日修理や点検でつぶれたり、時に修理に出したまま10日間も返ってこず作業は中断したままとなることもあります。便利な道具ほどそれが無くなった時の不便さはたとえようもありませんね。これもまた現代病かな?

ラニーニャ現象が起きてこの冬は平年より寒いと伝えられている畑の野菜たちは、さあどうなっていくかな、今してやれることはどんなことだろうかと考えながらの手入れをしています。この時期になってもあまりにも生育の悪いものは見限って抜き取り、春からいい条件で畑作業が出来るよう片づけてます。野菜が足りなくなったらと思ってみても出来ないものは出来ない、あきらめが肝心、それより次の作付けを良いものにしよう・・・です。

野菜発送は年内最終は1227()13日は休み、年明けは110()からさせていただきます。年明けお急ぎの方は16()臨時発送をしますのでご連絡ください。




 

No957 20171220



 
トップページに戻る