今日も元気ですよ
平成29年6月26日(月)
先勝
 

                                          


6/25時30分 県道新見川上線 川戸付近の霧


 備中町東油野田原ダムのすぐ上流に設置されています。(6/15)
 
  最近、高知県大川村の話題がしばしば新聞紙上に登場する。
 村議会に代えて、有権者が直接、予算などの議案を審議する村総会の設置を検討するという記事があった。
 村は高知県の北部にあり、吉野川の源流に近い。四国の水がめと呼ばれる早明浦ダムのある村としても知られている。人口は406人、離島を除くと全国で一番少ない。
 村によると、住民の約45%が65歳以上。村議会議員6人の平均年齢も70歳を超えている。議員のなり手も少なく、2019年に迎える次回選挙では立候補者が定員に満たないことも懸念される。そこで議会を廃止し、有権者による村総会で予算などを直接審議することについても検討することになったそうだ。
 昭和30年代の初めまでは人口が4千人を超えていたが、鉱山の廃止と早明浦ダムの建設が重なり、村外に移住する人が増えて人口が急減。
 同様の悩みを抱えた過疎地は各地にある。この村はその縮図ともいえよう。高知県で起きていることは、明日の岡山県でも起き得ること。明日はわが身と考えて地域づくり、人づくりに取り組むしかない。国や県の応援も必要だ。 


ニュース 最新記事一覧
○中国自然歩道、アダプト事業で草刈り実施(6/15)
○中国自然歩道、アダプト事業で草刈り実施(5/17)
○田原地区コミュニティ協議会総会開催(5/13)
◎高梁市による「町内会支援新制度」説明会(5/13)
「田原の春を揚げよう会」(4/23)
○田原地区コミュニティ協議会執行部会を開催(4/13)
○田原中町内会お花見会(4/9)
○田原中婦人会の新年会(1/29)
○田原地区とんど祭り開催(1/15)
 
イメージ写真1
 新情報を提供
イメージ写真2
記者のひとりごと
イメージ写真3
高梁のイベント情報など盛りだくさんです
イメージ写真4
これまでの虎の研究
ニュース 最新記事一覧
2016年
各地で一足早いクリスマス会(12/18)
・本山荒神社の祭典(12/10)
・備中ふるさと祭り(10/9)
・田原地区会食会開催(9/19)
・田原の魚たちと遊ぼう会開催(8/14)
田原駐在所連絡協議会開催(6/26)
・富家小学校運動会・(5/22)
・中国自然歩道、アダプト事業での草刈り作業実施(5/11)

・田原地区コミュニティ協議会総会が開催(5/7)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
◎岡山部品梶i現在は瀬戸内部品梶jが閉鎖(5/25)
◎田原中婦人会、手作りうどんに挑戦(5/10)
◎田原地区コミュニティ協議会、平成27年度総会を開催(5/9)
◎田原の春を揚げよう会(4/26)
◎高梁市立富家小学校入学式(4/28)
◎田原の花紹介(4/5)
◎田原中町内会お花見(4/4)
高梁市立富家小学校卒業式(3/24)
◎田原中婦人会の総会(3/22)
2月15日(日)の土砂崩れで通行止めとなっていた県道新見川上線の備中トンネルの上500メートル。
 土砂を取り除く作業が進み、3月4日(水)午前6時から片側通行ができます。(3/3)

◎2月15日(日)の土砂崩れで通行止めとなっている県道新見川上線の備中トンネルの500メートル上。
 土砂を取り除く作業が進み、関係者によると3月10日ごろには片側通行ができる見込みだそうです。(3/1)
◎田原地区会食会開催(2/21)
◎県道通行止め。県道新見川上線の高梁市備中町平川(角子惣田地内)新田原橋から下へ300メートルの所です。大きな山崩れにより通行止めとなっています。復旧の見通しは立っていません。迂回路は、ふるさと農道か、下郷惣田線へ。
主なニュース
◎早春を知らせる、セツブン草が満開。県下でも有数の群生地高梁市成羽町布寄田原地内には多くの写真愛好家が訪ねてきています(2/8)
◎社会福祉法人旭川荘療育医療センター竣工記念式典(2/1)
◎田原地区会食会の打ち合わせ会議(1/30)田原の情報をクリック
高梁の小さな芸術祭・・たかはし福祉フォーラム」(1/17)高梁の情報をクリック
田原地区とんど祭り開催(1/12)
◎たかはし障害者支援センターでとんど祭り(1/7)
 
 田原ほっと新聞社
 本社のホームページに掲載の記事・写真などの一切の無断転載を禁じます。記事、写真は各報道機関からも配信を受けています。これらに関する著作権表示に対する知的財産権その他一切の権利は、すべて田原ほっと新聞社に帰属します。田原ほっと新聞社のホームページへのリンクは自由です。ただし、リンクする際は必ずトップページからお願いします。トップ以外の特定のページや記事につきましては、突然リンク先が無くなる可能性がありますのでご遠慮下さい。トップページから他のページを一覧できるようになっています。